『地味女子コトコの絵日記』

私は用心深ーい地味女子です。 どうしてこうなった? →ヒント:オバ

【3】居候させて頂きたいのですが、とお伺いを立てた結果(。-_-。)

~思い込みは厳禁~

子供の頃からちょいちょい、オバにシビアな現実を言い聞かされる。
➡実体験を通して、ちいちゃん(オバ)の言ってたことは間違ってなかった!と証明される。
➡そのたびに骨身に刻み、だんだんと用心深くなる。
➡結果、石橋を叩いて叩いて叩きまくるようになった私、コトコ。

なんにつけても、

警戒心マックス
と、身構えるクセがつき、そのせいでしょーね、
ジャーン、
まったくキャピ感のない地味女子の出来上がりデス(* ̄▽ ̄)

で、地味女子コトコ、昨春、大学進学のため上京することになりました。

ちぃちゃんはというと……、
その2年前、キスケさん(ちぃちゃん夫)に先立たれ、子どもはいないので、都心のマンションにひとり住まいの身となってまして―――。

そうなんですよね、キスケさん↓↓↓は、

オバの亡き夫
半年ほどの闘病生活の末に逝ってしまい、あれからずっと、ちぃちゃんは翻訳作業に没頭しています。
キャパを最大限まで膨らませて、そのギリギリまで仕事を請け負ってる感じ。

仕事中毒なんて、相変わらずのほほん笑ってますが、
たぶん、おそらく、

ちぃちゃんは、キスケさんのいなくなった現実から、できるだけ離れていられる時間が必要なんだろうなあ……。

この点、うちの母(ちぃちゃん妹)とも意見は一致。

―――いや、でも、しかし………、
待てよ!
確信に近いとはいえ、思い込みは厳禁だ!
特にちぃちゃんに関しては。
昨年だって、絶句したことがあったではないか―――(@_@)

そう、あれは入試が目前に迫りつつあった日のこと。
受験勉強中、私は当然のごとく考えていたわけです、東京の学校へいくことになったら、ちぃちゃんちに置いてもらおー、と。

居候希望

で、お正月に、親戚一同集まったとき、ちぃちゃんも来ていたので、一応、受験前に言っておこーと思い、

コト「私、〇〇大学受かったら、
   ちぃちゃんちに
   居候させて頂きたいのですが……」

予想外の反応

コト「……………イヤ?」
オバ「そうね、どちらかといえば」

衝撃コトコ

 オバ「でも私、家の中にほかの人がいると
    落ち着かなくて」

—――――一同、シーン

亡夫を語る

なんじゃそりゃあぁぁぁぁぁぁぁ
(コトコの心の叫び)

コトコ母登場と言われても、
そうなのか? としか……。

母 「ちぃちゃん、お願い!
   親としても、すごく助かるのよね。
   ちぃちゃんとこだったら安心だし、
   何かと物入りだし、
   あ、でも、
           丸々お世話になろーなんて、
   図々しいこと考えてるわけじゃ
          ないわよ。
   ……ピーチクパーチク」🐤🐤🐤
オバ「ふふふ…」

お願い母
と、完全にねじこまれたかに見えたちぃちゃんでしたが……、

かわいい姪っ子

かわいい姪っ子
(⋈◍>◡<◍)。✧♡


なのに、お試し期間を3カ月要とするちぃちゃんは、やっぱ、ちぃちゃんです。
これぞ、ちぃちゃん!
と、改めて思い知らされたコトコでした
( ̄▽ ̄;)